防犯商品
「真空」というテクノロジーが窓ガラスを変えた。
それは「真空は熱を伝えない」という科学的原理から生まれた高断熱窓ガラスです。熱の伝わり方には「伝導」「対流」「放射」の形態があります。この3つをおさえればおさえるほど、高い断熱性能を生み出し、心地よい暮らしが実現できるのです。スペーシアは2枚のガラスの間に真空層をつくることで
熱の「伝導」と「対流」を防ぎ、「放射」は特殊金属膜(low-Eガラス)で抑えています。厚さ6ミリなので取り替えも簡単。暮らしの快適性をおとどけする高性能窓ガラスです。
窓ガラスの比較
真空ガラス 一枚ガラス 複層ガラス
真空テクノロジーによって一枚ガラスの約4倍、一般的な複層ガラスの約2倍の高断熱性能を発揮します。厚さがわずか6ミリと薄いため、新築はもとより、リフォームにもお使いいただけます。 雨風をしのぐことを目的としている一枚ガラス。断熱性能が低い。窓際が寒い。足元がひんやりする。結露が発生するなど、快適な暮らしには不向きです。 空気の層で断熱性能を高めた複層ガラス。新築住宅で多く採用され始めています。しかし、厚さが12ミリ以上にもなるため、専用のサッシや、アタッチメントが必要となるなど、リフォームでの採用は難しい面がありました。
※上記に使用されている画像(写真・映像・図版・イラスト等)の著作権は、日本板硝子株式会社が所有しています。


その他、防音合わせガラスや防音ペアガラスなどの商品がございますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

SCROLL UP