耐震ドア防犯商品防音商品断熱商品リフォーム
「ガラス破り」への対策が重要です。
ピッキングとよばれる特殊工具を用いた侵入手口が増える一方、「ガラス破り」による犯罪も増加傾向にあります。ガラス破りとは、窓のガラスを割り、クレセント部を狙って侵入する手口です。ドライバーを使ってガラスにヒビを入れる「こじ破り」や、バールを用いて、ガラス全体を割る「打ち破り」といった手口がとられ、最近では、より乱暴な手口による破壊行為が増えており、開口部によりいっそうの対策が求められるようになってきました。
ガラス破りに安全な防犯ガラス「セキュオ」
2枚のガラスの間に約1.52ミリ(60ミル)の中間膜を挟んだ防犯ガラスです。戸建て住宅やマンションなどで、ドライバーを使った「こじ破り」はもとより、小型バールを使った「打ち破り」に効果を発揮します。
2枚のガラスの間に約1.52ミリ(60ミル)の中間膜を挟んだ防犯ガラスです。戸建て住宅やマンションなどで、ドライバーを使った「こじ破り」はもとより、小型バールを使った「打ち破り」に効果を発揮します。
2枚のガラスの間に約2.28ミリ(90ミル)の中間膜を挟んだ防犯ガラスです。マンションや店舗などで、小型のバールやハンマーを用いた凶暴な手口の「打ち破り」にも抵抗します。
ガラス破りによる侵入手口とは
ピッキングとよばれる特殊工具を用いた侵入手口が増える一方、「ガラス破り」による犯罪も増加傾向にあります。ガラス破りとは、窓のガラスを割り、クレセント部を狙って侵入する手口です。ドライバーを使ってガラスにヒビを入れる「こじ破り」や、バールを用いて、ガラス全体を割る「打ち破り」といった手口がとられ、最近では、より乱暴な手口による破壊行為が増えており、開口部によりいっそうの対策が求められるようになってきました。
防犯ガラス「セキュオR」 破損状況比較

SCROLL UP