耐震ドア防犯商品防音商品断熱商品リフォーム
安心・安全に暮らすための防犯対策には、 総合的な配慮が不可欠です。
侵入犯罪の増加とともに、手口の凶悪化が進みつつあります。暮らす人、働く人の安心・安全のための配慮が欠かせなくなってきており、住宅やビルの設計において、防犯対策の強化が求められています。防犯対策は鍵の強化が一般的に行われていますが、ピッキング対策や補助錠だけでは十分な防犯対策とはいえません。ガラス、サッシ、雨戸、シャッター、錠前、照明、セキュリティシステム等に至る総合的な防犯対策が求められています。
侵入手口、「ガラス破り」と「ピッキング」にご注意ください。
戸建て住宅の侵入盗の侵入手口で最も多いのは窓や玄関のガラスを割り、クレセント部を狙って侵入する「ガラス破り」です。平成14年の調査では「ガラス破り」が71.1%と前年に比べて、さらに5ポイントも増加。無締まりやカギ破りなどに比べて群を抜いて多くなっています。マンションなどの共同住宅は、侵入するガラスが高い位置にあり、ガラス破りにl比べてピッキングによる犯罪が多くなります。ドアにつくシリンダーなどは工具を使えば簡単にこじ開けられ、とても危険です。侵入盗は人目を最も嫌います。侵入を防ぐには、破壊するのに時間がかかり、ピッキングしにくいものをお選びください。
あなたのお住まいは大丈夫ですか?

SCROLL UP